ドラマ『シェアするラ!インスタントラーメンアレンジ部はじめました。』スペシャルインタビュー 佐藤流司

ドラマ『シェアするラ!インスタントラーメンアレンジ部はじめました。』スペシャルインタビュー 佐藤流司

2022.3.28
シェアするラ!

深夜にお腹が空くこと必至の新感覚グルメドラマが登場!気の合う仲間が集まった「インスタントラーメンアレンジ部」のメンバーたちが、自分たちで考えたアレンジレシピをSNSやYouTubeにアップして楽しむ日常を描く。主人公の諒太を演じるのは舞台や映画、ドラマなどの映像作品で活躍する佐藤流司。劇中で自慢の腕を振るう彼に作品への思いやラーメンにまつわるエピソードなどを語ってもらった。

「象徴的に存在している感じを意識しました」

――「インスタントラーメン」をテーマに若者たちの“部活動”を描く本作の印象は?

最近、いわゆるグルメドラマみたいな企画が世間的にも流行っていたりする中でこういったお仕事をいただけたっていうのは非常に面白い機会だなと。それと同時に、ドラマの撮影中や映像作品に出演している間はいつもダイエットをするので、食べる撮影と食事制限の両立ができるのか。一抹の不安はありましたが、等身大の人間の日常を切り取ったようなストーリーはとても見やすいんじゃないかなと思いました。

――やっぱり、食べるシーンは多かったんですか?

ラーメン一杯全部をガツガツと食べるシーンはなかったんですけど、結構食べるシーンは多かったですね。なるべく、他の食事の量を抑えて撮影に臨んでいました。

シェアするラ!

――諒太を演じる上で意識した点は?

これまで、誰かに復讐したり、暗い過去を持っているようなキャラクターを演じることが多くて。あとは、ヤンキーとか(笑)。今回の「ラーメン部」の部長はいわゆる一般的な男性。あまり演じたことがない役柄ということもあって、自分なりに想像しながら“普通の人”を演じた感じです。

――“普通”を求められるお芝居は結構大変そうですね?

お芝居に何か間が生まれたらどうしてもボケたくなるし、ツッコんだりして埋めたくなっちゃうんです。だけど今回は何もせず、欲しがらない。共演者の皆さんに全部お任せして、僕は真ん中にいるだけ。象徴的に存在している感じを意識しました。あとは、分かりやすい役作りでいうと声を変えています。普段は割と低いんですけど、プロデューサーサイドからのオーダーでちょっと声を高めにしています。

シェアするラ!

――ラーメンを作るシーンで苦労したことはありましたか?

コロナをきっかけに自炊をするようになったからなのか、普段自分が使っている包丁と重さが違うと何か勝手が違う感覚がありました。フライパンを回す時も慣れていないからすごく難しくて。最初の頃はボロボロ落としていました。料理を作る動きに関して言うと、どうしても早くなってしまうんです。こなれている感じを出したいなという思いがあったし、時間の尺も限られていますから。だけど、やっぱり普通にやったほうがNGを出さないということが分かって、変に急ぐことはやめました。自分の家で料理している時は多少切りそこなってもまたやり直せばいいんですけど、カメラが回っているとそういうわけにもいかないので、独特の緊張感がありましたね。

――普段、どんな時にインスタントラーメンを食べたくなりますか?

お休みの前の日に、行くところまで行きたいなっていう思いがあって。にんにくをたくさんかけたり、ニラをものすごく入れたり。何とも言えない背徳感というか(笑)、行き切った食べ方が好きですね。

シェアするラ!

――ラーメンに絶対欠かせないトッピングは?

僕は地元が東北なのでしょうゆ味が好きなんです。メンマは味も食感も大好きだから絶対入れたいですね。本当かどうかは分からないんですけど、メンマって“マイナスカロリー”って言われるぐらいダイエットに適した食べ物。メンマのカロリーよりも、メンマを消化するカロリーのほうが高いらしいんです。

――食べれば食べるほどダイエット効果が…!?

まぁ、そんなわけはないと思うんですけど(笑)、そうだと信じて食べています。

――諒太の「ラーメン」のように、佐藤さんがこよなく愛しているものは?

日本食ですね。ご飯のお供がすごく好きで、納豆はなるべく1日1パック食べるようにしています。ネギや卵を入れたりはしません。そのままが一番おいしいと思っています。あとは、きゅうり、なす、ミョウガ、メカブなどが入っている「山形のだし」。山形県の郷土料理で、自分でもたまに作るんですけどものすごく体にいいんです。ご飯に乗っけて食べています。

シェアするラ!

――今、友達や仲間と部活を作るとしたら何部がいいですか?

最近、アウトドアをやってみたいという気持ちがすごくあるんです。でも、ソロキャンプはやり方が分からないから「登山部」を作ってみんなとアウトドアを楽しみたいです。

――劇中にも出て来る言葉ですが、佐藤さんが“心も体も満たされる瞬間”は?

最近は映像の仕事に携わらせてもらうことが増えてきて、その期間中はダイエットをしているので、クランクアップした日は何を食べてもいいというルールを自分に設けているんです。その時に思いっきり暴食するのが大好き。最高の瞬間です!

シェアするラ!

――ちなみに、ダイエット期間中のおすすめメニューは?

やっぱり、鶏むね肉を食べる機会が増えるんですけど、たんぱく質が多いからパサパサしていて食べづらくなってくるんです。そんな時は、みそ汁に入れるのが一番。食べやすくなるし、具を工夫すれば野菜もたくさん摂れます。ダイエット中は味噌汁がおすすめですね。

――最後にメッセージをお願いします!

恋愛ものでもなければサスペンスでもない。誰もが見やすい作品になっているし、見れば見るほど幸せなほっこりした気分になってお腹も減る素晴らしいドラマです。料理を作りながら、そして食べながら気張らずに見てもらえればと思います。

ドラマ『シェアするラ!インスタントラーメンアレンジ部はじめました。』
2022年4月7日(木)よる11時より、BS-TBSにて放送開始
2022年4月7日(木)より、ひかりTVにて見放題独占配信開始
シェアするラ!

©2022「シェアするラ!インスタントラーメンアレンジ部はじめました。」製作委員会

あらすじ
この一杯を食べれば、心も体も満たされて最高の一日にしてくれる。WEBライターの仕事をはじめた諒太の唯一の楽しみは、学生時代からの仲間である有紗・恭一・翔・メイリンに、妹の葵を加えた6人で続けている部活動「インスタントラーメンアレンジ部」。1週間ローテーションで、メンバーが“映える”インスタントラーメンのアレンジレシピを考案し、SNSや動画でアップしてシェアしている。メンバーによって作られる趣向の違うレシピは、毎回、新たな発見と驚きを与えてくれる。いつもの味に一手間加えて、手軽で美味しくヘルシーなおしゃれ料理に。さて、今日は誰の番かな?インスタントラーメンの新たな魅力が詰まった至福の一杯を召し上がれ。
出演
佐藤流司、紺野彩夏、松本享恭、永田崇人、ロン・モンロウ、yukino
監督
松本花奈、竹内里紗
サイン入り写真プレゼント
佐藤流司さんのサイン入りチェキを2名様にプレゼント!
シェアするラ!
詳しくはこちらをご覧ください。
(プレゼント提供:ウィルメディア編集部)
※応募受付は終了いたしました。

撮影:島村緑/取材・文:小池貴之
ヘアメイク:有藤萌(do:t)/スタイリスト:吉田ナオキ
衣装提供:デニムジャケット(DEGENDERS)33,000円・デニムパンツ(DEGENDERS)29,700円・シャツ(meagratia)33,000円/Sian PR 03-6662-5525

オススメ